お外で遊べない時のための家遊び

お外で遊べない時のための家遊び


小さな子供はお散歩が大好きです。特に赤ちゃんは外の世界に興味津々!外気に触れるだけでも大きな刺激となります。
しかし、天気や季節によってはなかなか思うようにお散歩できないこともありますね。そんなときにおすすめの家遊びの方法をご紹介します。

おうちの中でできる遊び

おうちの中ででき、特に道具なども必要なくできるのが、パパやママと赤ちゃんで行う体を使った遊びです。親子のスキンシップになり、赤ちゃんも大満足の楽しい時間になりますよ。

絵本の読み聞かせ

月齢を問わず使えるのが、絵本の読み聞かせです。できれば大きくてカラフルな絵本が良いですが、小さめのサイズでも赤ちゃん向けにできているものもあるので、好きな本を選ぶようにしましょう。読み聞かせのポイントは、パパやママが楽しく大きな声で読むことです。一緒にお話の世界に飛び込むつもりで読んであげましょう。

歌や手遊び

一緒に歌を歌ったり、歌に合わせて手遊びをするのも赤ちゃんは大好きです。「きらきらぼし」や「グーチョキパー」など、手の動きが楽しいものがおすすめ。インターネット上で動画や歌詞がたくさん検索できるので、ぜひいくつかストックしておくと良いですよ。

赤ちゃんのまねっこ遊び

ハイハイやぱちぱちなど、パパやママが赤ちゃんの真似をしてみましょう。一緒にゴロゴロ転がってみたり、赤ちゃんのすることを真似してあげるのです。同じ目線になってみると、普段赤ちゃんがどう過ごしているかわかるので、部屋の中に危険なものがないかチェックするのにも役立ちます。

日用品を使った遊び

日用品を使った遊び、実はいっぱいあります。例えば干してある洗濯物を見せながら、「これはママのだね」「これはパパの」などと教えてあげるのも、赤ちゃんにとっては遊びの一つ。洗濯物をひっぱってみたり、カーテンのようにめくってみたり、意外と楽しめます。

また、新聞紙や広告などを破ったり丸めたりするのも楽しいですよ。月齢の小さな赤ちゃんは、丸めた広告をボール代わりにして投げ合いっこするのがおすすめです。指先の力がついてきたら、一緒に新聞紙をちぎって遊びましょう。指先を使うと脳の発達に良い刺激となるので、遊びながら知育もできちゃいます。

この他にも、おうちの中にはおもちゃになる日用品がいっぱいあります。例えば、きれいに洗ったペットボトルに小さく丸めたアルミホイルをたくさん入れてマラカスにしたり、紙コップを転がして遊んだりと、ちょっとした工夫で室内でも楽しく過ごすことができますよ。