タイミングはいつ?赤ちゃんの歯磨きと磨き方

タイミングはいつ?赤ちゃんの歯磨きと磨き方


赤ちゃんの歯が生え始めると、虫歯が心配ですね。乳歯の虫歯は永久歯にも影響するので、虫歯予防を徹底したいものです。
でも、「歯磨きはいつから?」と疑問に思うパパやママも多いかと思います。ここでは、歯磨きを始めるタイミングと方法についてご紹介します。

赤ちゃんの歯磨きはいつから?

早い子では、生後半年を過ぎると最初の歯が生え始めます。1才の誕生日を迎える頃には、ほとんどの子に前歯が生えてきます。赤ちゃんの歯はいつから歯磨きをするのが良いのでしょうか?答えは、「離乳食を本格的にスタートしたら」です。上の前歯2本と、下の前歯2本が生え揃う頃が目安となります。母乳やミルクを飲んでいる時期の赤ちゃんは、乳歯が生えたからといって焦って歯磨きをする必要はありません。生え始めの歯はまだ小さく、口の中は赤ちゃんの唾液の自浄作用で清潔に保たれているからです。

離乳食を始めたら、食後に歯をきれいにする習慣をつけるようにしましょう。食後、赤ちゃんを仰向けに寝かせ、口を開ける練習から始めます。慣れてきたら、清潔な手でガーゼや綿棒を使い、歯の表面をなでるように掃除します。最初は赤ちゃんが嫌がるかもしれませんが、無理強いはしないようにしましょう。笑顔で赤ちゃんに話しかけながら歯磨きをすることが大切です。

赤ちゃんの歯磨きの仕方

ある程度乳歯が生え揃い、歯の拭き掃除を嫌がらない場合は、歯ブラシを使った歯磨きに切り替えていきましょう。赤ちゃん向けの柔らかい素材でできた歯ブラシや、歯固め感覚で使える歯ブラシなども市販されているので、好みに合わせて上手に活用しましょう。赤ちゃんの歯磨きに使う歯ブラシは、以下の条件を満たすものを選ぶようにしましょう。

  • 柄が細く、赤ちゃんが自分で握りやすいもの
  • ヘッド部分が小さく、奥まで磨きやすいもの
  • 毛先がなめらかで、フラットにカットされているもの
  • 毛が柔らかいもの
  • キャラクターや色の付いたもの

赤ちゃんが歯ブラシを握りたがるときは、ぜひ持たせてあげましょう。ただし、のどを突いてしまう危険性があるので、柄の短いタイプを選ぶと安心です。歯磨きの回数は、1日に1~2回程度で十分です。最初は夜寝る前に1回からスタートし、次は朝と夜の2回に増やしていきましょう。気をつけなくてはいけないのが、力加減です。大人の歯を磨くのと同じ力で歯磨きをすると、表面が柔らかい乳歯を傷つけてしまいます。歯ブラシの毛先を優しくゆするような感じで、軽い力で行いましょう。

参考サイト:たまgoo!