親の喫煙が子供に与える悪影響

親の喫煙が子供に与える悪影響


喫煙者のみなさん、子供が生まれたらぜひ禁煙を検討してみませんか?親の喫煙は子供の健康に大きな影響を与えることがわかっています。
小さな子供たちが元気にすくすく育つために、親の喫煙が子供に与える影響についてまとめました。

分煙は意味がない?意外と知らない事実

可愛い子供のためには禁煙したいけれど、ストレス解消や口寂しさからどうしてもやめられない、という人もいるかもしれません。しかし、タバコは吸っている人だけでなく近くにいる人にも深刻な影響をもたらします。

例えば、親が喫煙するときに最も気をつけなくてはいけないのが子供の「受動喫煙」です。これはタバコを直接吸っているわけではないのに、有害なタバコの煙を吸い込んでしまうことです。赤ちゃんとは別の部屋や換気扇の下、ベランダなどでタバコを吸えば大丈夫、と思っている人もいるようですが、実はあまり意味がありません。

換気扇の下でタバコを吸うと、台所に隣接した部屋には喫煙者周辺とほぼ同濃度の有害物質が到達しています。ベランダで喫煙した場合は、隣家のベランダに有害物質が届きます。もし赤ちゃんのいる部屋もベランダに面していて、そのとき窓が開いていれば、結局受動喫煙していることになってしまうのです。家の中でも同様で、離れた部屋で喫煙しているつもりでも、結局は有害物質が赤ちゃんの元に届いている可能性が高いのです。

親の喫煙が赤ちゃんにどう影響するの?

親が喫煙者である場合、赤ちゃんに健康被害をもたらす可能性が高くなります。例えば、タバコの煙は有害物質を含んでいるため、気管支を刺激して気管支炎や小児ぜんそくの原因になることがあります。また、赤ちゃんがタバコの煙を吸うと脳が酸素不足状態になり、発達が遅れるということもわかっています。脳下垂体から分泌される成長ホルモンが正常に働かず、身体発育が低下するという問題もあります。

また、厚生労働省の発表によると、タバコはSIDS(赤ちゃん突然死症候群)の原因の一つだとされています。両親が喫煙者である場合のSIDSの発症率は、両親が喫煙しない場合に比べると約4.7倍高くなるというデータもあるのです。SIDSは多くの場合原因が不明なため、なるべく予防に努めるという観点からも、両親が喫煙をやめる必要があるといえるでしょう。

他にも、タバコはアトピー性皮膚炎や食物アレルギーを悪化させる一因になるといわれています。喫煙者の体や衣類には気が付かないうちに有害物質が付着しています。そのまま赤ちゃんに触れたり抱っこしたりすると、赤ちゃんは有害物質を吸い込んでしまうことになるのです。結果、深刻な健康被害を引き起こす恐れがあるというわけなのです。

赤ちゃんの将来にも影響する恐れが

親の喫煙は赤ちゃんの発育だけでなく、将来的な生活習慣にも影響を与えます。アメリカの大学で行われた調査によると、親が10代の頃にヘビースモーカーだった家庭では、高確率で子供も喫煙者になるという結果が出たのです。これは親の生活習慣や喫煙への考え方が子供の喫煙に大きく影響を与えているからだ、と考えられています。親や周囲の大人が喫煙を好意的に捉えていると、子供もタバコに対してのハードルが低くなります。また、思春期などに友人などから喫煙を勧められると「なんとなく」で吸い始めてしまうことも多くなります。

子供の将来の健康を守るためにも、「喫煙は百害あって一利なし」と小さいうちから教えておく必要があります。また、受動喫煙に注意する術も教えておくことが欠かせません。子供の喫煙は低身長や知能低下、呼吸器系の病気などのリスクを高めることがわかっています。これらのリスクを抑えるためにも、親の喫煙がいかに恐ろしい影響を与えるかということを覚えておく必要があるのです。